3にゃんと夫婦の写真日記と、結婚13年の“キセキ”の話もUP中
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親父劇場~最後の贈り物~の巻
2007-10-06 (土) | 編集 |

私が結婚したのは9年前です。

両親はすでに離婚して2年がたっていました。

故人のことを悪く言うのは嫌だし、どんな親でも私の親なので

「親父劇場」には明るい話題しか書いてきませんでした。

それが私の親父に対しての供養の気持ちだからです。

でも現実は、離婚の数年前から離婚するまでは本当に大変で

子供はみんな親父と縁を切るつもりでした。

 

結婚を決めた時、旦那は

「どんなことがあってもお父さんなんやから、やっぱり挨拶に行った方がええと思うねん」

って言ってくれました。

でも、一言では語りきれないいろんなこともあり、母や兄弟の気持ちを考えて、

そして親父の性格も考えた上で、こう言いました。

私 「挨拶には行かんでええよ。とんでもない親父やから何言われるか分からんし

   会って嫌な思いするかもやし」

旦那「どんなお父さんでも、居てはるだけええやん・・・」

とっても寂しそうでした。

旦那が9ヶ月の時に旦那のお父さんは過労によるご病気で他界されています。

「お父さん」とゆーものを知らずに育った旦那にとって

「お父さん」がいるだけで羨ましかったそうです。

私も申し訳なく思うんです。

もし、離婚してない親を持つ人と旦那が結婚していれば

義理でも「お父さん」ができたのですから。

でもその当時は親父に会うことはできませんでした。

 

結婚して1年たった頃、親父が咽頭癌になって入院したと知らせがきました。

みんなで相談して、母も兄弟も、そして旦那もお見舞いに行くことに・・・。

親戚伝いに私が結婚したことを知っていたはずなんですが

挨拶した旦那に

親父「俺はなんにも報告受けてへん。あんたが旦那か?!俺は聞いてへん!!」

と、知ってるクセに知らないと言い、少し「花嫁の父」みたいな雰囲気でした。

 

私は親の離婚を見てきたので「結婚」にいいイメージもなく願望も薄かったです。

でも結婚する時はドラマのように

父に反対され、それを説得し、泣く父とヴァージンロードを歩き、

惜しまれながら惜しまれながら嫁いで行く・・・

のが夢っだりもしました。

だから、親父が「俺は聞いてない!」と言った時は

娘を取られたよーな「花嫁の父」の気持ちになってくれたのかと

嬉しくも思いました。

 

それからまた1年が過ぎた頃、親父の癌が再発したと知らせがきました。

今度は声帯を取るので、もう話すことができなくなるかもしれないので、

その前に話しておきたいことがあると、私達夫婦と弟が呼ばれました。

そして、親父はいろいろな話をしました。

その日の帰り際、癌でかすれてしまった声で親父が

親父「そろそろ子供ができよるんちゃうやろかと思って、コレこーたんや(買ったんや)」

と渡してくれました。

贈り物

帰り道、大学生だった弟に

弟 「いろいろあったけど子供できたら子供連れて親父に会いに行ったってもええんちゃうか~」

って言われました。

家に帰って開けてみると

最後の贈り物

子供服のセットとガラガラが入っていました。

ものすごく嬉しかったです。

当ブログで私達の「子供事情」については触れていませんでしたが

9年たった今も子供には恵まれていません。

あの当時、子供ができたら会いに行くことの決心はできませんでしたが

授からない年月を重ねるごとに

もし授かったら、あの服着せて会いに行こうと思う気持ちが強くなっていきました。

旦那も「いつかあの服着せて会いに行けたらええのにな~」って言ってくれていました。

その日が来るまで大切にとっておこうと、箱から出さず当時のままです。

これが私が親父からもらった「最後の贈り物」になってしまいました。

もし、これから先、うちに子供が授かるよーな奇跡が起きたら

あの服を着せて墓前に行きたいと思ってます。

 

今回、湿っぽい話になってしまって、すみません・・・。

 


コメント:
この記事へのコメント:
Re:親父劇場~最後の贈り物~の巻(10/06)
親父さんとのこと、
ほんとにいろいろな
辛いこととかあったと思います。
でもね、最後の贈り物
こういうふうに書けるって
ねこドルさんは素適な方だなって思いました。

お父様に、合掌。
2007/10/08(月) 05:19:46 | URL | ともるー #79D/WHSg[ 編集]
Re[1]:親父劇場~最後の贈り物~の巻(10/06)
ともるーさん
>親父さんとのこと、
>ほんとにいろいろな
>辛いこととかあったと思います。
>でもね、最後の贈り物
>こういうふうに書けるって
>ねこドルさんは素適な方だなって思いました。

>お父様に、合掌。
-----
そー言っていただけると、なんだか救われたよーな気持ちになります。うまく言えないけど・・・。
本当にいつもありがとうございます。
2007/10/08(月) 18:08:04 | URL | ねこドル #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。